印鑑を楽しく使いこなせるように

銀行印イメージ

そりゃ一番は実印も銀行印も認印も全部が全部最高級印材を使用した最高級品を使えれば一番かもしれません。
でも、使う頻度や用途によって、印材を変えておくというのも目に新しいし重要さもわかるので良いのではないでしょうか?
今回はそんなお話をさせて頂きます。

決して全部最高級品は無理だという貧乏人のヒガミではありませんよ。
ええ、決してそんなんではありません。きっと、多分。

まず実印。これは言うまでもなく頑丈で印面も削れにくい印材を使用して劣化を出来るだけ最小限に抑えるようにしましょう。
ここはできれば本象牙やチタンをお勧めしたい所です。
お財布と相談しないといけない・・・という方には彩樺やアグニ等、合板を使用した印鑑を作成するのがお勧めです。

天然木に加工を施して作られた素材となるので、チタンには劣るものの上部で長持ちな環境保全的にも優れた印材です。
で、これを言ってしまえば正直ある程度の品質があり、お手入れも少なく、値段的に手ごろなのがこの合板印材の印鑑となるので、実印も銀行印もこの合板で大丈夫だったりします。

ですので例えばこの彩樺とアグニ、それぞれ色合いが異なる合板なので実印の印鑑には印材を彩樺で作成。
銀行印となる印鑑は印材をアグニで作成という風に合板内で使い分けるという事も可能です。

更に合板の中にはこのほかに楓や玄武彩樺という種類も存在します。
どれもなかなか頑丈なので実印、銀行印、認印をこの合板印材から全て選んでしまっても十分に見分けが付きます。
色々分けて楽しく使いこなせるようになると良いですね。

ページの先頭へ