自由度が高い印鑑

実印イメージ

実印と銀行印、分けていますでしょうか?
「さすがにそこは一緒で問題ないでしょう」
とおっしゃられる方、認印だけ分けるだけだとまだまだなんです。
実印と銀行印使う頻度が場合によっては大きく変わる場合もあります。
キチンと分けて管理した方が防犯面的にも良いと思うのでここでキチンと分けましょう。

実印が必須な局面というのは非常に少ないです。
それだけ実印というのは信用が必要な場面で使う一番大切な印鑑となります。
実印として使用するのに印鑑登録、印鑑証明が必要なのがそれを表しています。
銀行印として使えるオーダー印鑑でも実印登録はできないという印鑑も存在するくらい厳格で重要な印鑑となります。
実印に使用する印鑑は素材もできるだけ劣化の少ない素材などにするよう気を使い大切に保管。あまり出る機会がない方が、実印としては正しいのです。

銀行印は実印よりは使うタイミングが多い印鑑です。
銀行口座を作ったり住所変更をしたり・・・。
カードを使わない方は銀行でお金を下ろす際にも印鑑を使ったりします。
その分印影を他所にさらすという行為が多くなるという事になります。
その為実印を銀行印として使用するのはやめた方が良いという事です。

ただし、だからといって銀行印は何を使っても良いという事でもありません。
銀行印は実印よりは自由度が高い印鑑となる為少しだけ遊び心も出せます。
実印でチタン印材等の鉄壁の強さを誇る印材を選び、銀行印等の場合には多少印材を自由に選んでシープホーンやアグニ印材という選び方をするというのも選択肢が広がるので楽しいかもしれません。
重要な事を楽しく確実に行う。印鑑に限らない事ですが物事を行う上で大切な事だと思います。

ページの先頭へ