一番手を出しやすい印鑑

印鑑イメージ

ご存知の方が殆どかと思いますが、はんこ、印鑑には実印、銀行印、認印など種類があります。
「え?全部一緒で良いじゃん。一個にまとめれば便利だよ?」
と、おっしゃる方。失礼ながら印鑑初心者ですね?そして防犯意識が割りと低めですね?大丈夫です。
そんな方でも印鑑は懐広く受け止めます!
印鑑は用途ごとにわけて使いこなしてこそ印鑑上級者、そして防犯意識も高いといえます。

今回は認印の話をさせて頂きます。まず認印に使用する印鑑は銀行印、ましてや実印を使う事は万が一にもないようにしましょう。
さすがにそんな人はいないとは思いますが、やはり認印は宅急便の判子等にも使える印鑑となります。
誰が見るかわからない印になるので認印に関しては実印、銀行印と同じものは使わないようにしましょう。
悪い人もいる物で、時にこの押した印影を元に印鑑を複製してそれを悪用するという人もいるという事です。
気をつけすぎという事はありません。

しかし、この認印も持つメリットが一切ないという訳ではもちろんありません。
例えば私は認印もオリジナルでゴム印ですが作っちゃったりしています。
割とどこにでも押すタイミングがある判子でもあります。

そして押すタイミングが沢山あっても特に本人だとわかる名前が書いてあるという位しか制約がない自由な判子ですので様々な個性を出せるという、印鑑の中では一番遊び心をきかせる事ができる判子になります。
別に認印ですのでチタン等の丈夫な印材である必要も特別ありませんので、インターネットの通販などでアクリルのオシャレな印鑑を好きに選んでそれを認印として使うという事も可能です。
印鑑の中でも特に自由に自分を出しやすい、一番手を出しやすい印鑑といえます。
皆さんも自分らしい認印、作ってみませんか?

ページの先頭へ